飲食店の売上アップには、販促よりも自分で考えて動ける「自律型店長」を育てる事が第一の早道。店長・スーパーバイザー・店長教育担当を経験したコンサルタント松下雅憲がサポートします。
東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階615号室
  1. 自律型店長育成コンサルティング

自律型店長育成コンサルティング

自律型店長になるための3つのステップを、コーチング&コンサルティング

自律型店長とは?

「やらされている」のではなく、「自分でやる」、自分で考え、自分で行動し、自分で検証・改善できる店長。

お客様からの信頼厚く、アルバイトからは慕われ、本人も現在の仕事に就いていることに感謝している。

 

やらせていては自律型店長はつくれません。自分で気づくから、自分で売り上げを上げていく店長になれるのです

店長ための「気づき」コーチング
  • 自分で考えない、指示待ち店長
  • 失敗を恐れてチャレンジをしない店長
  • 自分で調べたり勉強しない店長
  • アルバイトやスタッフの見本となる言動・行動ができない店長
  • 上司の求めることしかしない店長

これらの店長にも本当は「やる気」があるんです。

でも、そのやる気が封じ込まれている状況こそが、店長がくすぶってしまう最大の原因なのです。

 

この状況を変えるために必要なのは、店長自身が「気づく」こと。

 

自分にもできている所がある、強みがあることに気づくこと。

自分から「次にやるべきこと」に気づくこと。

気づきが自ら考え動く店長を作るのです。

 

自分で自分の気持ちに火を付けられるように「気づく方法」を、コーチングとコンサルティングにより導きます。

続き

店長が自分の店のポテンシャルに気づいていないから、頑張っても成果が出ないのです

立地力診断と現在の立地を活かす戦略策定コンサルティング
  • 2等立地なのに口コミマーケティングを怠っている
  • 2等立地なのに店舗誘導告知を怠っているので苦戦している
  • メインターゲットを定めずに出店したために集客できない
  • ポテンシャルが高いが、競合も多くお客様の奪い合いに
  • 1等立地に出店するも店舗面積が確保できず売上が厳しい

ブランド特性と立地特性の組み合わせで、取るべき戦略は変わります。

店長が自分の店のブランド特性と立地特性を理解しないうちに行動を起こしても非効率に陥り成果がでにくくなり、結果店長のやる気すら失われてしまいます。

続き

計画・実行・評価・改善が行える「自律型店長」の実地訓練をコンサルタントがマンツーマンでサポート

自律型店長マンツーマンPDCAコンサルティング
  • 裏付けのない思い込みだけの計画を実行してしまう
  • スタッフを巻き込まないから協力を得られない
  • 計画が甘いため最初の壁で頓挫してしまう
  • どうしたら目標達成なのかという基準が明確でないため評価に不満がでる
  • 目的が不明確なので、改革意識が高まらない

店舗の経営状態改善の答えは現場とお客様が知っています。

経営者や担当スーパーバイザーが思いつきで指示を与えても成果はでません。

 

経営者に必要なのは現場の店長を信じて、任せること。

そのためには、店長が自身でPDCAサイクルを回す能力を身につけさせなければなりません。

続き

店長のやる気に火をつけることができる、スーパーバイザー(エリアマネージャー)を育成しましょう

店長を活かす!スーパーバイザー研修
  • 自分の経験をもとした価値観を店長に押し付けてしまう
  • 「弱み」の克服に注力してしまい、店長のやる気を削いでしまっている
  • 他の「できている店長」と比較して「できない店長」を叱っている
  • 話がじっくり聴けていないため、店長の「考え」「悩み」「アイデア」に気づいてやれない
  • 訪問時にパッと見て「できていない部分」を場当たり的に改善させている

スーパーバイザーに負荷がかかり過ぎて、表面的な指導だけしかできないような状況にしていませんか?

「スーパーバイザーの仕事は何か?」ということを、きちんと理解させる教育制度を確立していますか?

 

店長の力を100%発揮させるには、店長を活かせるスーパーバイザーの存在が必要です。

続き

飲食店のこんな悩み・店長育成という切り口で解決できます。

お問合せ

  • 最近売上が伸び悩んできた・・・
  • アルバイトがすぐに辞めしまう・・・
  • どんな販促をしても売上が伸びない
  • 店長のやる気が無い、元気が無い・・・
  • なんでもかんでもオーナーがやってしまっている・・・

コンサルタント松下雅憲にご相談ください。

ご相談・お問合せ